ADHD女子大生のブログ

ADHDと一緒にゆるく生きていく

ADHDのすさんだ日常

はじめまして!おりなと申します。
現在、都内に通っている女子大生です。

 

このブログの名前のとおり、わたしはADHD注意欠陥多動性障害)という発達障害をもっています
最近、CMなどで耳にしたことがあるかたもいるのではないでしょうか?

このブログでは、わたし自身のADHDへの向き合いかたをゆるくかいていこうとおもいます
同じ悩みをもつひとはもちろん、そうじゃない方にも少しでもこの障害について知っていただく機会になればいいなっておもいます。

 

このブログではじめてADHDということばを知った方のために簡単にこの障害について説明しますね。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の名の通り、

 

注意力が不足していて、落ち着きがない!!!

 

一言でいうとこんな感じです。

ですが、注意欠陥が強いひと、逆に多動性が強いひと、またはどちらも混ざっている人…
色々なタイプの人がいます。

 

ちなみにわたしは、注意欠陥がつよいです。
多動性がないか。。。といったらちょっと疑わしいのですが、目立って気になる程ではないです。
しいていうならば、友達とはなしているときに軽く身体を左右に揺らしてしまったりする程度。

本当に多動性が強いひとだと、授業中じっとしていられなくて歩きだしたり部屋から出ていってしまったりなんてこともあります。

 

具体的に、注意欠陥がつよめなわたしの症状の実態を説明すると

まず、部屋が汚い。それも病的に。

 

散らかってる…なんてものじゃないです。

衛生的にアウトなレベルです。
台所もぐっちゃぐちゃ、食器もためっぱなし、排水口には生ゴミがつまって水が流れずシンクに水がたまって食器が浮いていて、カビが生えている、、、調味料のふたはあけっぱなし、床にこぼれてこびりついている…
部屋の中はいうまでもなく、足の踏み場もない、ベッドのシーツもいつ洗ったのかわからない、汚い表現で申し訳ないですが、シーツに経血がついたまま放置、もう書ききれないほど汚いです。というか汚かったです。

 


そして、「時間管理」が下手すぎる

わたしは、かつて中学、高校と課題というものをまともに出したことがありませんでした。
というと、ただの不真面目のようにおもわれるかもしれませんが、
勉強に関してはかなり真剣に取り組んでいる方でした

塾のおかげで、高校も進学校にかよっていました。

ただ、提出期限を設けられる「課題」となると全く取り組めませんでした。

短期的にも、長期的にも、複数の物事に目を向け続けるということがものすごく苦手でしたね…
それは、大学に入学しても変わらず、レポートを出せなかったりでどんどん単位を落とし、一年間で25単位しかとれませんでした。
(実はこれがきっかけで、このままじゃまずいと思い、ADHDを本格的に疑い病院へいきました)


そして、圧倒的にかけている「注意力!」そのままですね
忘れ物、なくしものが毎日のように絶えませんでした。
小学生の頃なんか、毎日ハンカチ、筆記用具をなくしてくるので、母もかなり困っていました。
病院にいくまえまで、携帯、財布、定期、鍵、大事な書類(etc もううんざりするほどなくしました。
実家ぐらしのときは、そのたびに親に怒られ、ひどい言葉を言われたりしたので辛かったですね。


ちょっと症状がまだまだあるのですが、書ききれないのでブログを書きつづけていくうちにでてくるとおもうので気長にみててください

なにがつらいかって、これらの症状って日常に密接にかかわってくるものなので
常にストレスを感じ続けるんです。

 

想像してみてください
朝、起きて部屋が衛生的にも物理的にも汚すぎる風景、そして、時計を見ると遅刻、慌てて準備をしだすも化粧している時間も、着る服もなく、適当に洗濯物の山からしわくちゃな服を引っ張ってきる、髪の毛もざつにセットして朝ごはんを食べずに出発して、走って走って汗だく…到着したら忘れ物をしている、怒られる、、

 

わたしほどではないかもしれませんが、ADHDの方なら思い当たる節があるのではないでしょうか?

こんな日々を20年弱送っていると自己肯定感が圧倒的に低くなります。
はっきりと言語化されてなくても、自分はまわりより「できない、劣った」人間なんだと漠然としたイメージを抱くようになります。

 

わたしも、病院で診断されるまでずっとそう思い込んでいました。
いや、少なくとも薬をのみはじめて効果を実感するまではそうおもってました。
しかし、今は薬のおかげで何百倍も楽に生きられています。本当です。
なんでもっとはやく気づかなかったんだって思いました。

 

私と同じような苦しみで悩んでいるひとに、その苦しみから抜け出してほしいという願いでこのブログを書いています。
よく、こういうブログでさんざん助けたいとかかいておいて、すすめるものがアフィリエイト用の商品だったりすることが多いですがそういうことは一切ないので安心してください。

 

精神科で正式に診断された上で処方される薬(コンサータストラテラ)についてしか書きません。

 

わたしが、20年弱どんなふうに生きてきたか
そして治療をはじめて、生活がどんなふうに改善されたのか
そして、かつてとは違う自分として、どう人生に向き合っていくのかをこのブログをとおして、伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。