ADHD女子大生のブログ

ADHDと一緒にゆるく生きていく

【ADHDの特徴】遅刻癖、毎朝ギリギリで大慌て

こんにちは!おりなです。

すみません、最近忙しく、日が開いてしまいました…。

三日坊主にはなるまいと、4記事目を絶対に書くぞ!と意識して書いたのですが、まさかの四日坊主になるところでした笑


今回はADHDの代表的な症状の1つ、「遅刻」についてお話ししていこうと思います。


ADHDの人はどうして遅刻をしてしまうのでしょうか

遅刻までいかなくとも、毎朝ドタバタと大騒ぎしギリギリの時間に出発しているひとはとても多いです。

わたしもその一人でした。


よく聞く遅刻の理由としては寝坊がありますが、ADHDのひとは寝坊をしていないときでも時間ギリギリになってしまいます。


「注意が逸れやすい」かつ、「時間把握能力が弱い」ので、用意しなくてはいけないのにも関わらず、たまたま目に入ったテレビに釘付けになったり、スマホに夢中になってしまうことが多いです。     

 

そして、時間ギリギリになって始まる

「鍵がない!!携帯はどこ!?そういえばあの書類の提出日今日だった気がする…!どこいった!?!?」

散らかっているため、なかなか見つからずパニックになります。


 そしてようやく、準備が終わりドタバタと出発した後に残された、さらに散らかった部屋。


その後、帰宅するとぐったり疲れてやることをやらずに寝てしまい、次の日の朝に24時間前の再現が始まります。



わたしの場合はほとんど毎朝こんな感じでした。


これを読んで、

自分のことだ…

とおもった貴方は、ぜひ病院の受診をお勧めいたします。

ここまでではないけど、似ているという方も同様です。


こんな生活が何年も続いていると、感覚が麻痺してこれが自分にとっての当たり前になります。

ですが、朝余裕を持って出発できるようになるだけで、人生の充実感、幸福感は確実に上がるはずです。

わたしはそうでした。


ただ、全員が病院に受診するべきだ!なんては言いません。

わたしが一番、勧めたいのは

「真面目、責任感が強い、自己嫌悪感が強い」

こんな性格を持つ人です。

ちなみに、わたしの性格もこんな感じです。


わたしの友達で、どう考えてもADHDだろうなという人がいますが、

彼女は自分が遅刻をしたり、ミスをしても平然としています。

いいのか悪いのかわかりませんが、少なくとも彼女はそのことを気に病んだりはしていません。

一応フォローしておきますが、こういう部分以外の彼女の人間性を見るととても真面目で良い子です。


このように、自分のADHDの部分にたいしてストレスを感じていない方は病院へ行かなくてもいい(わたしがいうことではないですが)と思いますし、本人も必要性を感じていないことが多いですね。


ですが、今このブログにたどり着き、読んでいる方は

自分の遅刻癖を嫌悪し、ストレスを感じているというひとが多いのではないでしょうか?

 

人生からこのストレスがなくなるって大きいですよ。 

想像してみてください。

毎朝、綺麗な部屋で朝食をとり、忘れ物や探し物もなく、余裕を持って出発して、駅まで汗だくになりながらダッシュすることもなく、ゆっくりと歩く…


それが毎日続くってどうですか?

普通の方からみたら、こんなの当たり前のことでしょ…なにいってんのって話かと思いますが、ADHDの人にとってこんな朝はほとんどありません。


最初は面倒に感じるし、少しお金もかかってしまいますが

その後の人生を今よりも劇的に快適に生きられるのですから、行かない手はありませんね。


理想とは程遠い自分に自己嫌悪し続けるのはやめましょう。

責任感も強いし、変わりたいのに変わらない…周囲からは責任感がない、抜けてると言われてしまう…

このような、いわゆる真面目系クズは大抵ADHDの気質があります。


診断をご検討ください。


オススメのクリニック、診断までの流れ、費用などついては別記事で書いていきますのでお待ちください!


それでは今回はこの辺で失礼します(^^)




コンサータ服用によって恋愛まで好調に【後編】

こんにちは!

今回は、

コンサータ服用によって恋愛まで好調に【前編】-ADHD女子大生のブログ

の後編です。前編に引き続き治療によって変化した私の恋愛について話していこうと思います。

 

はじめに言ってしまうと今の私の恋愛は今までにないくらいかなり順調です。

※のろけではありません

 

ここでいっている「順調」とは一般的にいうような「彼氏と仲良しラブラブ♪」

っていう意味ではありません。

もっとわたしひとりの人生を長期的にみたときに、あるべき恋愛の形を実践できているという感じです。抽象的でちょっとわかりにくいですね

 

わたしは、恋愛というものはお互いが幸せになるためのものだとおもっています。

そして人は、恋愛以外のものがうまくいっていないと本当の意味では幸せになれないと思います。

本当の意味の幸せというのは、人生を長期的にみたときの幸せのことです。

殆どの人は、恋愛以外にもやらなくてはいけないことがたくさんありますよね。

学生だったら勉強、社会人だったら仕事、資格、趣味、友達などなど…

人は恋愛以外にも、人生を長期的に充実させるために欠かせない側面がたくさんあります。

依存や逃避によって成り立っている恋愛は、依存している方は、恋愛以外のものを犠牲にしていて、依存されている方は恋愛以外に目を向けにくい。

たとえ、盲目的に依存していて、その恋愛がうまくいっていたとしてもたしかにその一定期間の間はふわふわとした幸せを得られるかもしれませんが、

そういう恋愛は必ず終わりが来てしまいます。

(まれに、共依存みたいなこともあるそうですが)

 

恋愛以外の側面を犠牲にしている恋愛では、本当の意味で幸せになれないとはこういう意味です。

 

ですが、ADHDの治療をはじめたことでこの不幸な恋愛から脱却することが出来ました。

理由は簡単です。

わたし自身が、恋愛以外のものが上手くこなせるようになったからです。

正直、普通の人から見たらたいしたことはやっていません。

大学の授業で、ノートを忘れずに持っていってしっかり板書できるようになった

課題を余裕をもって提出できるようになった

部屋が常にきれいになった

(週1でトイレ、玄関、お風呂、掃除機かけが毎週できるようになった、洗濯物もたまらず、洋服も散らからなくなった、、、)

トイレットペーパー、シャンプーなど生活用品を切らすことがなくなった

お風呂上がりに、化粧水、パック、乳液をつけることができるようになった

朝、余裕を持って起きて、毎日メイクも髪も完璧になった

遅刻をしなくなった

授業が眠くなったり、飽きたりせず、主体的に取り組めるようになり楽しくなった

自信がついて、友達ができた

 

こんなの普通でしょ!!って思うかもしれません。

でも普通じゃなかったんです。

どんなに頑張ろうとしても、治療前はできませんでした。

 

こんな風に日常がうまく回り始めると、恋愛へ逃避する必要がなくなります。

充実感、幸福感を恋愛以外の日常でも、感じられるからです。

恋愛以外の場面では、恋愛が頭から消えるようになりました。

わたしの恋愛依存からの脱却です。

これによって、相手からみた私の姿も変わります。

わたしが、恋愛以外のものに目を向けていると、相手も心おきなく恋愛以外のものに目を向けることができます。

先程も言ったように片方が依存していると、もう片方が恋愛以外に目を向けることの邪魔になります。

それぞれの、人生の中の恋愛の割合、そのバランスがとても大切なのです。

 

恋愛の割合が大きいほど、相手を想っているんじゃないかって反論するひとがいるかもしれませんが、それは違います。

はじめに語ったように、人が長期的な目でみて幸せになるにはそれ以外の物事の充実が欠かせません。

綺麗事のように聞こえるかもしれませんが、相手を想うというのは相手の幸せを願うことです。

 

だからこそ、本気で相手を想い一緒に幸せになりたいのであれば恋愛に依存するべきではないのです。

 

ちなみに、治療前のわたしはこういうことを全く考えていなかったわけではありません。むしろ、実践したことがないだけで頭ではこのような恋愛観をもっていました。

でも、どうしてもできなかった

日常が充実させるために、頑張ろうとしても何一つうまくいかなかったのです。

ADHDの人は「努力不足」と否定されることが多いです。

これは、間違っていることがほとんどです。

 

わたしが初めて、コンサータを服用したとき普通のひとの頭はこんなに優秀なのかって驚きました。そりゃ部屋も散らからねーよ!何を偉そうに!って今まで怒られた人を思い浮かべて理不尽ですが、ちょっと腹立たしくなりました(笑)

 

そもそもの脳機能の問題なので、ADHDじゃないひとがADHDに努力不足っていうのは

徒競走で、50kgの見えないおもりをつけて走っているひとに対して、何もつけてない人が「なんでそんなこともできないんだ、もっとがんばれ」って言っているのと同じことです。

そして50kgのおもりは、本人にも見えていないので、自分でも努力不足なんだ、他の人はこのおもさに耐えながらがんばっているんだって思い込みます。

薬を服用して、おもりが取れたことで、いままで自分がおもりを背負っていたんだって初めて気づきました。


すみません、話がそれましたね。

こんな感じで、わたしはADHDの治療によって自分が前から理想としていた恋愛の形を確立することができるようになりました。

こう考えると、本当にADHDという障害は人生の幸福形成にかなりの影響を及ぼしていたんだと感じますね。

これからも、お互いが一人の人間としての幸せを感じられる、そんな恋愛を続けていきたいと思います。

それでは今回はこの辺で! 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサータ服用によって恋愛まで好調に【前編】

前回の「ADHDの女性は恋愛体質な人が多い - ADHD女子大生のブログ」に関連して、わたしの治療前と治療後の恋愛の変化ついて、前編と後編の二回に分けてお話ししたいと思います。

前編では主に治療前の様子について書いていこうと思います。

 

前にも書いたと思いますが、治療前のわたしはとにかく重かった。

元彼と結婚すると信じて疑いませんでした。
それも高校二年で。若いって怖いですね

もちろん、未熟だったこともありますが、
それにしても異常なほど依存していました。

当時お付き合いしていた元彼に冷められてからは別れたくないの一点張りで半年間も粘りました



束縛もかなり激しく、携帯を見せることを強要したり、無理やり好きといわせたり…

神社で雨の中、大号泣しながら別れないでくださいと頭を下げたのは今考えると、ほんといかれてると思います…
そして別れてからも、元彼に彼女ができませんようにと定期的に近所の神社に参拝する始末…狂気ですね

受験を控えているのに毎日泣いて勉強も手につかず、食欲が落ちて当時は体重が30キロ台まで落ちていました

常に元彼の返信が気になり、当然ですが冷たい返信が来るたびに大号泣。そして重いラインを送りつける、、
ADHDの感情の起伏の激しさがかなり目立っていました。

同い年の周りの女の子がしているような高校生特有の恋愛とはかけ離れてました

もうその狂気といえば、
婚約していた彼氏に振られるアラサー並でした。

(念のためもう一度言いますが、高校二年の時の話です)

 

そして、新たに社会人の方とお付き合いを始めました。


この元彼は受験勉強のサポートを本格的にしてくれ、この人のおかげで大学に入れたといっても過言じゃないです

前回の狂気じみた恋愛から、自分の至らなかった部分を書き出し反省をしました

それなのに!!!!!!!

またやらかしました。


前ほどではないですが、依存していました

ただ、今回は相手が社会人だったこともあり、扱いがうまかったのでまえのようにメンヘラ化することはありませんでした。

ですが、根本的な部分は変わっていなかったと思います。

くだらない嫉妬をぶつけたり、相手の負担を考えずに自己中心的な振る舞いをしてしまったり、やっぱりダメ女でした。

潜在的に、自信がないんですね。
クリニックの先生曰く、幼い頃の経験から自分が愛される人間だとは思えていないことが原因らしいです。

親に愛されていなかったかと聞かれると、全くそうとは思いませんが、
毎日のようにかなり強く怒られていたことは事実です
毎日忘れ物、毎日私物を紛失してくる、部屋は汚い、、怒りたくもなりますよね…

こういうところが原因だと思いますが、その元彼は徐々に忙しいというようにわたしを避けるようになり、自然消滅のような形でその恋愛は終わりを迎えました。

 


そして三人目、現在の彼氏です。
約一年半続いています。最長です。

初めの半年〜1年くらいの間は、けんかが多かったです。

そのほとんどが、わたしが原因です。

二回も失敗して反省したのに、
どうしてもダメな部分を変えることができませんてました、、

どうしても感情が抑えられないんですね。

頭ではわかってるんです。
けんかするたびに、じっくり考えて何が悪かったのかを書き出して、今後はこうしようって方針を立てるくらいなので、、
自分が間違っているってのもわかっているのに、感情が爆発するとダメな自分が抑えられないって感じでした。


ですが、
薬を飲んだことでわたしの生活どころか恋愛の形までもがガラッと変わりました。

それについては
次回詳しく書いていこうと思います。
それでは!

ADHDの女性は恋愛体質な人が多い

突然ですが、わたしは昔からかなりの恋愛体質でした。

彼氏ができると頭の中の9割は彼氏でいっぱいになります。

そして、必ず振られて恋愛が終わります

最初は、向こうからアプローチを受けてなんとなくで付き合いはじめ、だんだんと気持ちの大きさが逆転していき、典型的な重い女になり振られます。

そして、未練を引きずったままアプローチしてきた男性と付き合う…の繰り返しでした。といってもまだ二回ですが…どちらも一年以上続いたので未熟なわたしにとっては大恋愛でした。

 

で、その夢中になって別れても未練たらたらになるほどその二人の元彼がいい男だったのかと聞かれると

全然そんなことないんです。

ただの執着なんですね。

 

わたしが通っているクリニックの先生曰く、このように恋愛相手に執着、依存してしまうADHDの女性は多いそうです。

 

幼い頃から何をやってもうまくいかないため、親を含める周囲の人間から否定される経験が積み重なり、自己肯定感がかなり下がってしまうため

自分を彼女という特別な存在として認識してくれる恋人に依存してしまうらしいです

 

たしかに思い当たる節はありまくりですね、、

彼氏から好意が伝わる言葉を言われると、自分は無価値な人間じゃないんだ、好きになってもらえるんだ!っていう変な喜び方をしてました。

 

そして、もう1つの原因はわたし自身の経験から感じたことですが、恋愛を日常から目をそらすための逃げ場にしてしまうからだと思います

 

ADHDの症状はかなり辛いです。程度にもよりますが。

日常生活がボロボロになり、おまけに家族によってそれを否定され続けると

自分のことを、彼女という特別な存在として大切にしてくれる(あくまでそのときは)恋人との恋愛が唯一の逃げ場になっていました。

 

恋人との関係だけにおいて、全てを忘れて幸せな気持ちになれるんですから

依存しないわけがありませんね

でも、それによってさらにやることができなくなり現実の日常がより崩れていくという悪循環にはまっていました。

こういう女性って結構多いような気がします。

 

薬を飲み始めてからは、日常生活がかなり改善されて恋人に強く依存することはなくなりました。

 

かといって、元彼より好きじゃないとかそういうわけではないです。
むしろ、今までで一番理想的な恋愛関係を築けていると思います。

それについては、つぎの更新で治療によってうまれた恋愛関係の変化として書いてみようと思います

 

 

 

 

 

ADHDのすさんだ日常

はじめまして!おりなと申します。
現在、都内に通っている女子大生です。

 

このブログの名前のとおり、わたしはADHD注意欠陥多動性障害)という発達障害をもっています
最近、CMなどで耳にしたことがあるかたもいるのではないでしょうか?

このブログでは、わたし自身のADHDへの向き合いかたをゆるくかいていこうとおもいます
同じ悩みをもつひとはもちろん、そうじゃない方にも少しでもこの障害について知っていただく機会になればいいなっておもいます。

 

このブログではじめてADHDということばを知った方のために簡単にこの障害について説明しますね。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の名の通り、

 

注意力が不足していて、落ち着きがない!!!

 

一言でいうとこんな感じです。

ですが、注意欠陥が強いひと、逆に多動性が強いひと、またはどちらも混ざっている人…
色々なタイプの人がいます。

 

ちなみにわたしは、注意欠陥がつよいです。
多動性がないか。。。といったらちょっと疑わしいのですが、目立って気になる程ではないです。
しいていうならば、友達とはなしているときに軽く身体を左右に揺らしてしまったりする程度。

本当に多動性が強いひとだと、授業中じっとしていられなくて歩きだしたり部屋から出ていってしまったりなんてこともあります。

 

具体的に、注意欠陥がつよめなわたしの症状の実態を説明すると

まず、部屋が汚い。それも病的に。

 

散らかってる…なんてものじゃないです。

衛生的にアウトなレベルです。
台所もぐっちゃぐちゃ、食器もためっぱなし、排水口には生ゴミがつまって水が流れずシンクに水がたまって食器が浮いていて、カビが生えている、、、調味料のふたはあけっぱなし、床にこぼれてこびりついている…
部屋の中はいうまでもなく、足の踏み場もない、ベッドのシーツもいつ洗ったのかわからない、汚い表現で申し訳ないですが、シーツに経血がついたまま放置、もう書ききれないほど汚いです。というか汚かったです。

 


そして、「時間管理」が下手すぎる

わたしは、かつて中学、高校と課題というものをまともに出したことがありませんでした。
というと、ただの不真面目のようにおもわれるかもしれませんが、
勉強に関してはかなり真剣に取り組んでいる方でした

塾のおかげで、高校も進学校にかよっていました。

ただ、提出期限を設けられる「課題」となると全く取り組めませんでした。

短期的にも、長期的にも、複数の物事に目を向け続けるということがものすごく苦手でしたね…
それは、大学に入学しても変わらず、レポートを出せなかったりでどんどん単位を落とし、一年間で25単位しかとれませんでした。
(実はこれがきっかけで、このままじゃまずいと思い、ADHDを本格的に疑い病院へいきました)


そして、圧倒的にかけている「注意力!」そのままですね
忘れ物、なくしものが毎日のように絶えませんでした。
小学生の頃なんか、毎日ハンカチ、筆記用具をなくしてくるので、母もかなり困っていました。
病院にいくまえまで、携帯、財布、定期、鍵、大事な書類(etc もううんざりするほどなくしました。
実家ぐらしのときは、そのたびに親に怒られ、ひどい言葉を言われたりしたので辛かったですね。


ちょっと症状がまだまだあるのですが、書ききれないのでブログを書きつづけていくうちにでてくるとおもうので気長にみててください

なにがつらいかって、これらの症状って日常に密接にかかわってくるものなので
常にストレスを感じ続けるんです。

 

想像してみてください
朝、起きて部屋が衛生的にも物理的にも汚すぎる風景、そして、時計を見ると遅刻、慌てて準備をしだすも化粧している時間も、着る服もなく、適当に洗濯物の山からしわくちゃな服を引っ張ってきる、髪の毛もざつにセットして朝ごはんを食べずに出発して、走って走って汗だく…到着したら忘れ物をしている、怒られる、、

 

わたしほどではないかもしれませんが、ADHDの方なら思い当たる節があるのではないでしょうか?

こんな日々を20年弱送っていると自己肯定感が圧倒的に低くなります。
はっきりと言語化されてなくても、自分はまわりより「できない、劣った」人間なんだと漠然としたイメージを抱くようになります。

 

わたしも、病院で診断されるまでずっとそう思い込んでいました。
いや、少なくとも薬をのみはじめて効果を実感するまではそうおもってました。
しかし、今は薬のおかげで何百倍も楽に生きられています。本当です。
なんでもっとはやく気づかなかったんだって思いました。

 

私と同じような苦しみで悩んでいるひとに、その苦しみから抜け出してほしいという願いでこのブログを書いています。
よく、こういうブログでさんざん助けたいとかかいておいて、すすめるものがアフィリエイト用の商品だったりすることが多いですがそういうことは一切ないので安心してください。

 

精神科で正式に診断された上で処方される薬(コンサータストラテラ)についてしか書きません。

 

わたしが、20年弱どんなふうに生きてきたか
そして治療をはじめて、生活がどんなふうに改善されたのか
そして、かつてとは違う自分として、どう人生に向き合っていくのかをこのブログをとおして、伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。